北がわヒューマン・ヒストリー

プロフィール > 北がわヒューマン・ヒストリー

少年時代・・・そろばん教室の2階

昭和28年、下町情緒あふれる大阪・生野区で三人兄弟の長男として誕生。自宅は商店街の一角、そろばん教室の2階にあった。下町は、垣根が無く人情味にあふれていた。近所の家に食事によばれることもしばしば。こうして気さくな庶民感覚は自然と養われていった。

青春時代・・・決意を固める

東京の高校に入学。親元を離れ、自立した青春時代を送る。北側少年が熱中したのは、サッカー。後にサッカー部は、全国大会に出場するまでになった。恩師との懇談の折、「庶民を守る人に」と決意。その夢を実現するため、弁護士となる決意を固める。

苦闘時代・・・挫折に屈せず、弁護士に

大学入学当初から司法試験をめざし勉学に励んだ。唯一の楽しみは、映画「男はつらいよ」。上映される度に、映画館に足を運んだ。4年生で、一次試験に見事合格するも二次は不合格。卒業後、京都で働きながら司法試験をめざした。

弁護士時代・・・苦しむ庶民を救う

昭和 53年、司法試験に合格。昭和56年に晴れて弁護士に。28歳の青年弁護士誕生。サラ金、地上げ、悪質訪問販売などの被害者の声を徹して聞き、庶民を食い物にする悪徳業者と法廷で真っ向から闘った。綿密な調査と、すぐに飛んでいく現場主義を信条とした。生活者を守る姿勢と、鋭い言論の力は、この時養われた。

衆議院議員に・・・ニッポンをしょって立つ

平成2年、36歳の若さで衆議院選に初当選。弁護士時代と同様に生活者を守る姿勢をつらぬき、国会で活躍。平成5年、大蔵政務次官。平成12年、46歳にして党の政調会長に就任。自民党との連立政権の舵取り役を担う。この間、3人の自民党政調会長と渡り合い、子育て支援、中小企業支援、議員の特権廃止、官製談合防止など、公明党ならではの実績を残す。

国土交通大臣時代・・・徹して、現場へ

平成16年、国土交通大臣に。各県の国土交通省の出先機関をくまなく回り、現場の声を聞いた。これまでの大臣観を180度変えた。省内では、職員と肩を並べ、同じ食堂で共に食事もした。在任中、台風23号や、中越沖地震などの災害に見舞われた。又、大きな列車事故も起きた。一報が入ると、すぐに現地に駆けつけた。同時に、国土交通省の幹部も動き、素早く救援策が決定されていった。この行動力こそ、北側の真骨頂である。

北がわヒストリー

北がわの素顔がわかる写真を、幼少期から現在に至るまでダイジェスト版にてご紹介。 写真をクリックしてみてください!

活発な幼少時代 親元を離れ、東京へ 苦学し、正義の弁護士に 36歳で衆院選に初当選 36歳で衆院選に初当選 常に現場の声を 若き政調会長として奮闘 行動する国土交通大臣 交通・物流網を拡充・整備 交通・物流網を拡充・整備 連立の要・公明党幹事長に 政権運営の舵取り 若者の成長が何よりも楽しみ 堺が大好き 金岡の田んぼにて 堺が大好き すずめ踊り 堺が大好き 運動会 堺が大好き 大和川清掃 堺が大好き 百舌鳥古墳群 堺が大好き 地車(だんじり) 堺が大好き 暮らしのど真ん中に 世界に誇れる堺を 11万人の声 大平さんと対談 難病対策が前進
line友だち追加

Twitter

Facebookページ


Kitagawa PRESS Kitagawa PRESS 北がわ一雄のメルマガ登録 メルマガバックナンバー 北側一雄後援会のご案内 大阪16区 区別マップ 北がわ一雄:待ち受け画面ダウンロード 携帯サイト北がわ一雄事務所 お問い合わせ・ご意見・ご感想
このページの先頭へ